歯グキの茶褐色の黒ずみは、
 メラニン色素と呼ばれているものです。
粘膜の下、0.5ミリくらいのところに不着しているので、
 日常のブラッシングでは除去できません。 
遺伝的要因で肌の色の黒い人はメラニン色素も多く、
 生活習慣(喫煙・刺激物過多摂取の食生活)に
 よっても徐々に増えていきます。
個人差もありますが、メラニン色素除去をしても、生活習慣を
 改善しないと再沈着して、黒ずんだ歯ぐきに戻ってしまいます。
◆メラニン色素除去の治療例
《術前》
虫歯治療だけでなく「ホワイトニング」を
 希望する方の来院も増えています。

「歯は白くなったけど?、期待したほどの・・・・」の

 声を聞きますが、歯グキまで綺麗になると誤解?されているようです。 
ご自分の歯グキを観察されて「メラニン色素」が
 沈着しているのを発見?したら、「ホワイトニング」と併せて、
 メラニン色素を除去するのをお奨めします。
左側の方は、当院の歯科衛生士のアドバイスで
 「メラニン色素除去」にチャレンジする術前の画像です。 
《術中》
フェノール・アルコールという薬剤をメラニン色素が沈着している
 部位に塗布すると歯グキの粘膜下まで浸透して、約1週間ほどで
 白く変色した歯肉は剥がれ落ちて
 新しく再生した鮮やかなサーモンピンク色になります。
粘膜下に沈着していた黒ずんだメラニン色素が除去されて、
 「キレイな歯グキ」が浮かび上がってきました。 
 「押し売りになるのでは?・・・・・」と躊躇もしたが、
  担当した歯科衛生士が本音トークでお奨めしました。
《術後》
術中には少し赤味を帯びていましたが、
 術後は幼少時代と同じようなキレイな「歯グキ」の復活です。
何よりも喜んでくれたのは、当のご本人でした。
本音トークで奨めた歯科衛生士も
 「勇気をだして奨めてよかた・・・・」です。
このメラニン色素除去は、恒久的な処置ではないので
 生活習慣を改善しないと戻ってしまいますので、
 定期的なクリーニング(PMTC)が必要です。

◆メラニン色素除去の価格
項            目
料    金
     メラニン色素沈着除去(上または下)
 \5,250
     メラニン色素沈着除去(上下セット)
\10,500