はじめまして。 たにざわ歯科クリニック 院長 谷澤 和紀と申します。
私がメールマガジン「まぐまぐ」に連載していたものをホームページ用にリメークして登場させました。
注意事項
◎一般の方向けの内容なので、厳密な医学用語は使用してい ません。
医学的な専門性から考えた場合、妥当でない表現があると思いますが、
 なるべく平易な表現を使用するようにしてい ます。
◎体の状態は個人によって異なっています。
◎現在治療中の方は かかりつけの主治医と相談をしてください。
 第5号 フッ素の正しい使い方
前回は少し恐いことを書きましたが、すべての物事には良い面と悪い面 があります。
フッ素の両方の面をよく知っていただき、上手に使っていただけたらと思います。
今回紹介する方法は、比較的安全に行うことのできるフッ素利用法です。
歯科医師、衛生士の監督のもとに行われるのであれば、安心して利用していただける方法なのですが、
 ご心配な点がございましたら、かかりつけの歯科医師にご相談ください。
当院でも随時メールにて、質問うけたまわっております。
さて、それではフッ素の使い方の実例を、いくつか挙げていきましょう。
歯面へのフッ素塗布
これはフッ素配合のジェル状の薬剤を、歯の表面に塗る方法です。
歯が生 えてから2〜3年は、一番虫歯になる危険性が高い時期ですので、
 この期間に、比較的高濃度のフッ素を作用させることで、高い虫歯抑制効果が得られ ます。 
日本でも広く行われている方法で、歯科医師、歯科衛生士が、歯科医院や保健所、
 幼稚園、小学校などでおこないます。
歯は順番に生えてきますので、乳歯が生え始める1歳ごろから、
 最後の永久歯(親知らずは除きます)が生えてくる13歳ごろまでが対象になります。
普通は年に2〜3回実施します。  
フッ素洗口
これはフッ素塗布よりも、濃度の薄い薬剤で、うがいをする方法です。
「濃度が薄いのなら、効果も弱いのでは?」と思われるかもしれませんが、  
 その分、回数を多くおこないますので、フッ素塗布以上の効果があるといわ れています。
薬剤の濃度により、毎日行うものと、週1回行うものがあります。
比較的 簡単にできる方法ですので、ご家庭や学校などで、費用をかけずに、手軽に おこなえるという利点があります。
対象年令は、うがいのできるようになる4歳ぐらいから(飲みこんでしまうといけないですからね)、
 14歳までが効果的な時期だといわれています。
フッ素配合歯磨剤
フッ素の入った『はみがきこ』のことですね。
意外に思われるかもしれ ませんが、フッ素の入った「はみがきこ(以下歯磨剤と呼びます)」
 が多く なってきたのは最近のことなんです。
1980年代には、歯磨剤全体の10%程度しかありませんでしたが、最近では85%にまで増えてきました。
フィンランドでは早くから、市場の99%のシェアを、フッ素入りの歯磨 剤が占めていて、
 ほかの欧米諸国でも90%を超えています。
実は、日本は、先進国の中で過去20年の間、虫歯が唯一増えてしまった国なんですが(最近は減っています)、
 これはフッ素入り歯磨剤の普及が遅 れてしまったためだといわれているんです。
フッ素を上手に使う上での要点
今回紹介した方法に共通する一番大事なことは、「飲み込まないこと!!」 です。
もちろん現在出回っている製品は、多少飲み込んでも危険がないように濃度や容器に入れられている量、
 一度に使う量など計算されているのですが、 小さなお子さまに使う際には飲み込まないように、
 よく教えてあげて、十分練習させてから、使うのがよろしいでしょう。
☆フッ素を使うのはお水でブクブクができるようになってからです。☆
今回のポイントは・・・・
・フッ素にも利点、欠点 がある  ・フッ素はブクブクの練習をしてから!! 以上今回の内容でした。
最後までお読みいただきありがとうございました。  

 

                ※ 質問やご感想を承ります 下のボタンをクリックしてください

 

              バックナンバーがご覧になれます
 第1号  予防の時期『3 ・6 ・12の法則』
 第2号  フィンランドという国を知ろう
 第3号  フィンランドの虫歯予防事情
 第4号  『フッ素は毒!』って本当?