はじめまして。 医療法人社団伸栄会
  理事長の谷澤 和紀と申します。
私がメールマガジン「まぐまぐ」に連載していたものを
  ホームページ用にリメークして登場させました。
注意事項
◎一般の方向けの内容なので、
    厳密な医学用語は使用してい ません。
医学的な専門性から考えた場合、
    妥当でない表現があると思いますが、なるべく平易な
     表現を使用するようにしてい ます。
◎体の状態は個人によって異なっています。
◎現在治療中の方は かかりつけの主治医と相談をしてください。
 第27号 「歯の異常について パート2」

今回は、前回の歯の異常についてパート1に引き続き、パート2のお話しさせていただきます。
エナメル質形成不全 とは?
歯の構造は表面がエナメル質、その下に象牙質があり、
 部分的または全 てのエナメル質の形成が不十分なものをこう呼びます。
歯は顎の骨の中で形作られますが、その作られている最中に何らかの影響でエナメル質が
 うまく形成されなかった物です。  
全身的なものと局所的なものがあり、軽い場合は着色があるだけです。
中等度になるとむし歯の様に歯の表面に穴が空いており、
 高度なものはエ ナメル質が広範囲になく、その下の象牙質が露出しているものも有ります。
中等度、高度なものの場合にはむし歯の治療と同じ処置を行います。
全身的な原因で起こる場合は多数歯にわたり症状がでます。
局所的な原 因には乳歯のむし歯がひどかった場合や
 外傷などがあり、永久歯に起こる ことがほとんどです。
中心結節(ちゅうしんけっせつ)とは?
8〜10歳から生え始める小臼歯には時として噛む面に棘の様な
 突起が有る場合があります。  
これを中心結節と言い、この中にも細い神経が通っていることがあります。
大きさも太さにも色々あり、写真の様にすぐにも折れそうな物もあります。
これが折れてしまった場合に、歯の中の神経(歯髄)が露出してしまい
 強い 痛みを起こすことがあります。  
折れそうな場合の予防法としては中心結節の周りを
 プラスティックで固め、 補強を行います。  
さて次回は、特殊な薬剤と方法を用いて、虫歯菌を除菌してしまう
 「3DS」 という、虫歯予防法のお話をさせていただきます。
今回のポイントは・・・・
  ・エナメル質形成不全  ・中心結節
   以上今回の内容でした。
最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                ※ 質問やご感想を承ります 下のボタンをクリックしてください

    バックナンバーがご覧になれます
 第1号  予防の時期『3 ・6 ・12の法則』  第21号 「虫歯の進行を止めるお話」
 第2号  フィンランドという国を知ろう  第22号 「歯にくっつくプラスチックのお話」
 第3号  フィンランドの虫歯予防事情  第23号 「歯を削る機械のお話」
 第4号  『フッ素は毒!』って本当?  第24号 「子供の口臭について」
 第5号  フッ素の正しい使い方  第25号 「おしゃぶりについて」
 第6号  フッ素はどうして虫歯を予防するの?  第26号 「歯の異常について パート1」
 第7号  『ハミガキコ』の話
 第8号  フッ素洗口とは?
 第9号  子どもの歯並びが気になり始めたら
 第10号  歯並びが悪くなる原因(前編)
 第11号  歯並びが悪くなる原因(後編)
 第12号  なぜ虫歯になるの? パート1
 第13号  なぜ虫歯になるの? パート2
 第14号  なぜ虫歯になるの? パート3
 第15号  「砂糖」のお話
 第16号 「だ液のお話」
 第17号  「だ液と虫歯の関係」
 第18号 「三つの輪の話」
 第19号 「溝を埋めるお話」
 第20号 「麻酔のお話」